2018年01月20日

カリオストロの城とブログの嘘

昨夜、映画『ルパン三世 カリオストロの城』がTVで放映されていた。
この作品は宮崎駿の監督デビュー作ということだ。(そんなことはどうでも良いが(笑))。

映画でのカリオストロの城は以下の写真。
cagliostro_date_5.jpg

そのカリオストロの城のモデルとなった城をインターネットで検索してみるとが【リヒテンシュタイン城】であるという記述があった。
そこで昨年ドイツを旅行した際にリヒテンシュタイン城へ行ってみた。
DSC_0421.jpg
私が感じるに映画で描写されていたカリオストロの城と実際のリヒテンシュタイン城は別物にみえる。
どこをモデルにしたのかは(私には)判らなかった。
敢えて似ているのは橋を渡って城に到るというところだろうか?

でも問題はそんなことより、このリヒテンシュタイン城がドイツでは無くリヒテンシュタイン公国にあるという間違った情報を載せているブログが散見されることである。
リヒテンシュタイン公国にあるのはファドゥーツ城でありリヒテンシュタイン城では無い。
ちなみに私は1995年にリヒテンシュタイン公国を訪れたがその時に購入したメガネケースは現在も愛用している。

ブログやWikipediaにはこうした誤情報が割と多く掲載されている。(現在流行のフェイクニュースとでも言えようか)
Wikipediaに掲載されているフェイクニュースの(私にとって)代表的なものはチューリップの野外コンサートについて書かれている以下の記述である。

【ライブ・アクト・チューリップ・イン・鈴蘭2
(中略)
後日、コンサートを完全収録したカセット・テープが、当日の観客全員に記念として送られた。】

このライヴには私も含め友人が5人参加した。
しかし誰一人として記念にカセットテープを貰った者はいない。百歩譲ってカセットテープが配られたのが事実であったとしても我々は受け取っていないので観客全員にという部分はまったくの嘘(フェイク)である。

話が表題から外れてしまったが以前から気になっていたことを書いてみた。
※この件については余程頭に来ているのか2016年にも書いていた(^^;;
posted by altdino at 10:18| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: