2017年11月18日

ハリー・ポッターと死の秘宝

今日、ハリー・ポッターと死の秘宝 part2 を鑑賞しました。
これでハリー・ポッターシリーズ全8作を観終えました。

問題はあと2ヶ月半、忘れずにいる事ができるかです。
harry.jpg
posted by altdino at 20:39| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

ハリーポッター2作品

今週末のハリー・ポッター映画鑑賞は2作品。
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
を鑑賞しました。
harry-potter-and-the-order-of-the-phoenix.jpg
posted by altdino at 01:00| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

ハリー・ポッター シリーズ(映画)

来年、ハリーポッタースタジオツアーに行くことにしましたが、私はハリーポッターの映画はほとんど観ておりません(^^;
かろうじて第一作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』だけは観ていましたが、その他の映画は未見です。
ちなみにハリーポッターの映画は8作品が製作されています。

『ハリー・ポッターと賢者の石』
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』

せっかくイギリスまで行くのですから一応、映画だけは観ておこうと思います。
昨日、一昨日の土日で『賢者の石』、『秘密の部屋』、『アズカバンの囚人』の3作品を観ました。
なんとか来月中には全作品を観ておきたいと思います。
harry_potter_films-list-fantastic_beasts_and_where_to_find_them.jpg
posted by altdino at 21:24| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

海難1890

144275757732605747179

昨年公開された日本・トルコの合作映画『海難1890』を観ました。
本当は劇場で観たかったのですが、近くの映画館での上映期間に行くことができず見逃していました。
先月DVDが発売されたようなので、今回観てみました。
ただし、私が鑑賞したのは字幕無し版だったため、トルコ語で話される部分は全く理解できませんでした(^^;;
感想としては、全体的に良くまとめられていたと思います。
1985年のイランのようになった状況でも、今後は日本から自国民を救出できるようになってほしいと思います。

個人的にはテヘランからイスタンブールに向けて飛んでいるトルコ航空の両側にトルコ空軍の戦闘機2機がイラン領空を侵犯してまで日本人の護衛のため救出機に帯同飛行していたというエピソードを挿入してほしかった。。。。

posted by altdino at 20:00| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

映画『半次郎』

TVで映画『半次郎』の放送があったので録画しておいて時間のあるときに一気に観ました。

日本最後の内戦となった西南戦争を扱った映画です。
TVドラマで西南戦争ものはNHKの大河ドラマ『翔ぶが如く』と日本テレビで年末放送された『田原坂』があります。

半次郎とは人斬り半次郎といわれた桐野利秋(中村半次郎)の事です。
桐野は明治維新後、陸軍少将に任じられましたが征韓論に敗れた西郷隆盛とともに鹿児島に帰り、明治10年に西南戦争で戦死しました。

この映画は主演の半次郎を演じた榎木孝明が13年をかけて企画したそうです。
詳しくは知りませんが、同じ鹿児島出身の榎木氏には半次郎に対して何らかの思い入れがあったのでしょう。

Photo

posted by altdino at 21:08| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

最強のふたり

頸髄損傷で体が不自由な富豪とその介護人となった貧困層の移民の若者との交流を描いたヒューマンドラマ。
フランス映画です。よって台詞はすべてフランス語です。

この映画は実話を基にしているそうです。映画の最後に実在する人物のその後が紹介されました。

アースウインド&ファイアーの2曲(セプテンバーとブギワンダーランド)が効果的に使われています。懐かしかったです(^^)

713491intouchables

posted by altdino at 11:38| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

『渇き。』

今年の日本映画です。
監督は中島哲也で前作『告白』も観ました。

今回のこの作品は『告白』以上にバイオレンスです。
この手の作品は嫌いではありませんが、もう一度観ようとは思えません。
ストーリーが単純すぎます。映像化するならもっと良い作品があると思いますが・・・。

出演者は役所広司、妻夫木聡、オダギリジョー、國村隼、中谷美紀などギャラが高額なキャストです。

20140622180144

posted by altdino at 15:45| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

超高速!参勤交代

映画を観ました。

今年公開された『超高速!参勤交代』です。
解説によりますと、
磐城国のわずか1万5000石の弱小藩である湯長谷(ゆながや)藩は、湯長谷の金山を狙う幕府の老中・松平信祝から、通常なら8日間を要するところを、わずか5日間で参勤交代せよと命じられる。湯長谷藩主の内藤政醇は、知恵者の家老・相馬兼嗣とともに5日間での参勤交代を可能にする奇想天外な作戦を練り、実行に移すが、松平もそれを阻止せんと刺客を放っていた。
となっていました。

91huqg1aufl_sl1500_

posted by altdino at 15:43| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ<エクステンデッド版>

2012年4月5日のブログにも書きましたが、『Once Upon a Time in America』は私の大好きな映画です。
今月の5日に新復刻版『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ<エクステンデッド版>』が日本でも発売されました。
ちょうどその日にウチにも配達されました。

このブルーレイ版は従来の完全版229分(3時間49分)22分の未公開映像が加わり、251分(4時間11分)となっています。

主演のロバート・デ・ニーロは「今回のエクステンデッド版は監督の家族が、監督の望んだ映像を構想通りに盛り込んだ作品として、究極の形と言える」と語り、「監督が今もなお我々と共に生きていれば、違う修正を加えたかもしれないが、 彼が望んでいた形に限りなく近いものになったことに間違いないだろう」と太鼓判を押しているそうです。 

Photo

posted by altdino at 16:45| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

ノア 約束の舟

ノアの箱船は聖書に書かれているという事は知っています。
私が知っている内容は、神が悪さばかりする人間を滅ぼそうと大洪水を起こします。
しかし善良なノア一家だけには方舟を作って動物たちと生き残る方法を教えます。

それくらいなんですが、この映画は有名な役者が出演している事でB級映画ではないだろうと思って鑑賞しました。
確かにSFXは見応えがありましたが、内容は私が知っている物語とは若干違いました。

ノアは変わり者です。自分の孫を殺そうとします。言動の意味が解りません(笑)。
私がキリスト教徒ではないからでしょうか?

Main

posted by altdino at 14:49| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

白ゆき姫殺人事件

『白ゆき姫殺人事件』という映画を観ました。

原作は湊かなえの小説です。原作は未読ですので小説と映画の違いは判りません。

この映画はある女性の殺人事件に関して、TV番組の契約ディレクターがTwitterでつぶやいていくという手法を使っています。
私はこのようなインターネット現象をストーリーに持ち込む方法はあまり好みません。
何か肌に合わないのです。

映画の内容はそれほど面白くはありませんでした。
時間つぶしに鑑賞するなら良いと思います。

posted by altdino at 23:34| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

映画 永遠の0

劇場公開中には観に行く事が出来なかったのでDVDで鑑賞しました。

小説を読んでから結構時間が経過した事と健忘症が進んだ私の感想なので確証はありませんが、小説のストーリーを大きく逸脱する事は無く、うまく2時間20分の映画の中にまとめられていたと感じました。

映像的にはCGが空撮とうまく融合して見応えがあります。
私の受けた映画の印象は、神風特攻隊という作戦自体に対するアンチテーゼであり、ひいては戦争という行為への否定、つまり反戦映画だという事でした。

そして日本人は素晴らしい。もっと日本人という事を誇りをもっても良いのではないかという事です。
この小説と映画はフィクションですが、たかだか70年前にこのような現実はあったと言うことです。

Img_414868_25670493_0_5

posted by altdino at 23:13| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

男はつらいよ

昨日から寅さんの『男はつらいよ』のDVDを観ています。

1作目『男はつらいよ』2作目『続・男はつらいよ』を観たあとは浅丘ルリ子さんのリリー出演作を観ようと『寅次郎忘れな草』(11作目)を鑑賞しました。

きょうはこれから15作目『寅次郎相合い傘』25作目『寅次郎ハイビスカスの花』と観てみようと思います。

Torasan2

posted by altdino at 16:34| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

日本海大海戦(1969年)

TVで『日本海大海戦』という映画を放送していましたので録画して観ました。

この映画は以前観たことがあります。
東宝映画で円谷英二が実質的に特技監督をした最後の映画です。
内容は日露戦争が起こった原因から始まり、日本海海戦でバルチック艦隊を撃破するところまでが描かれています。

主役の東郷平八郎は三船敏郎、乃木希典を笠智衆などが演じています。
この映画から14年後の1983年に東映で作られた『日本海大海戦 海ゆかば』でも東郷平八郎は三船敏郎が演じました。

1002671_l

posted by altdino at 20:10| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

レッド・ドーン(Red Dawn)

レッド・ドーン(Red Dawn)は1984年に公開された映画『若き勇者たち』のリメイク作品です。
『若き勇者たち』はアメリカに突如としてソ連・キューバ等からなる共産圏連合軍が侵攻するという場面から始まりました。
私はこの映画を公開時に観ました。そしてその後テレビなどで放送されたときにも鑑賞しました。

平和な自由主義の国に突如他国が侵攻してくるという、現実にあり得る設定のため手に汗を握って観た覚えがあります。

冷戦が終わった現在、今度は敵国をチャイナとしてこのレッド・ドーンはリメイクされました。
しかしチャイナからクレームがあったとかで、敵国を北朝鮮という設定に変更されました。

どんな作品になっているか、今から観るのが楽しみです。

1

今、見終わりました。感想は・・・・・(`へ´)フンッ。

posted by altdino at 19:52| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

226

今から78年前の1936年2月26日に起こった事件と言えば『二・二六事件』ですね。
この事件を扱った映画は何作か作られていますが、『動乱』(主演:高倉健)や『226』が有名だと思います。

今日は『226』を観てみました。
『動乱』は青年将校を実在しない人物の名前としていましたが『226』の方は実在した人物の名前で作られていました。

昨日もNHKで『二・二六事件』の検証番組を放送していましたが、結論としてはこの事件が起こらなければ米国との戦争には至らなかったであろうと推測していました。
そうであれば2014年の日本や世界はどのようになっていたのかを想像するに楽しくもあり、怖くもあります。

833fa45a21

posted by altdino at 16:23| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

砂の器(映画)

砂の器(映画) 砂の器は松本清張の小説です。
高校生の頃に小説を読んで、同じ頃に公開された映画を観に行きました。
後半の親子が放浪するシーンには衝撃を受けた事を覚えています。

原作の松本清張も小説では表せない表現が映像で出来ているという旨の事を言ったと聞きました。
私の中では今まで観た日本の映画の中でベストです。
この映画のビデオやDVDは所持していましたが、デジタルリマスターされたブルーレイの画質に期待して、ブルーレイを買ってしまいました。(3,563円)
鑑賞した結果はDVDの画質でも充分かな?と思いました。
(鑑賞したテレビはシャープの液晶52型です)

ただ、久し振りにこの映画を中断なしに全編通して観る事ができたのは良かったです。
posted by altdino at 20:04| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

ロッキー

この映画のシリーズ6作をCSで放送しています。
ちょうど1作目と2作目を放送していましたので久し振りに観てみました。
1本約2時間の映画ですが、2本続けて観終わってしまいました。

日本での公開は1977年4月の映画です。
私は大学生でしたので渋谷の映画館で観た記憶があります。
映画を観に行くのは立派な娯楽のひとつでした。
このアメリカンドリームの映画には感動したものです。

あれから40年近くの月日が過ぎていますが、今でも見入ってしまったのはこの映画の素晴らしさだったのか、懐かしさだったのか。
たぶん、両方でしょうね(笑)。

Photo

posted by altdino at 14:04| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

ダーククリスタル

昨日の夜、この映画の題名が思い出せず苦労しました。

日本公開時に映画館で観た記憶があります。
1983年に日本で公開されたとの事なので30年前になります。
生身の人間は一切登場しません。全編マペットによる演技です。

監督はジム・ヘンソンとフランク・オズです。
機会があれば観てみたい映画です。

Thedarkcrystal

posted by altdino at 13:34| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

『マン・オブ・スティール』

昨日鑑賞した『マン・オブ・スティール』はスーパーマン映画のリブート(Reboot)作品です。
※Rebootとはフィクション作品でシリーズにおける連続性を捨て、新たに一から仕切り直すことを意味します。

ビジュアル的に今までのスーパーマンと異なるのは『赤いパンツ』をはいていない事です(笑)。

内容は同じくバットマン作品のリブート作であるバットマン ビギンズ (2005年)・ダークナイト (2008年)・ダークナイト ライジング (2012年)と同じく、暗めの映像で、主人公のヒーローが苦悩する場面が多くあります。
これは好き嫌いが分かれるところでしょう。

8079b7d2

 

posted by altdino at 12:24| Comment(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする